naottasan4泉 建治さん

 1952年生まれ

 2002年膀胱ガンⅤ期 大腸ガン転移 

 主な標準治療…なし

  (人工膀胱、人工肛門になる手術、抗ガン剤、放射線を断る)

 主な自助療法…玄米菜食、ウォーキング。朝日に向かって感謝。

        ストレスを受けない考え方をするなど。

 

ガンが分かったとき

 

 血尿が出るようになり、トイレに行くと血の小さい赤い点・点があり、少し下腹に痛みがでてきました。

 民間の泌尿器科の個人病院に行き、抗生剤をいただいて飲むと、痛みも和らぎ、血尿も治まりました。 いちおう検査だけしておきましょうということになり、その二週間後、先生からいきなり「泉さんガンです、クラスⅤ。膀胱ガンⅤ期で余命1年~2年です」と告げられました。

  大学病院へ紹介され、入院を待つ間に血尿、痛み、発熱に再び襲われ緊急入院。それから検査~検査の日々・・・。そのとき私は49歳。若くて進行が早いからと、手術の予定をすぐに入れてくれましたが、手術すれば、人工膀胱、人工肛門になると説明されました。

 実は私がガンになる前の4年間で、身内の(叔父・母・妻義兄・叔母)4人が毎年ガンで亡くなっていて、5人目は私がガンとなり、絶対止める、絶対治るんだという思いでいました。病院の治療をつぶさに見てきた看護師の家内と二人で病院以外の治療法を必死に探しました。

 

ガン患研との出会い

 

 50歳の誕生日の直前、家内が図書館で川竹代表の『幸せがガンがくれた』を見つけ、私に勧めてくれました。その本で初めてガンが自然退縮することを知り、自分も手術をしない方法を選ぼうと決心し、病院の治療をすべて断りました。

 2002年6月・仙台支部結成の時、川竹代表がリュック姿で会場へ。その時の事は忘れません。ずばり!ガンが治るという△(三角)の氷山の図でのリアルで分かりやすい講演でした。自分に心あたりが、いくつもありました。その時に「10万人に一人治る人がいる」その言葉をいまでも、信じ、大切に、心に入れています。

 

こうして私はガンを治しました

 

 10万人に一人が治るということは、ゼロではない。可能性があるということ。自分はその十万人の一人になるのだ、絶対治るのだと決断し、手術をしない方法を選んだ私は、まず、玄米菜食を始めました。そして、毎朝5:30~6:00には、朝日に感謝し40分の階段ウオーキングと腕立て30回をやり続けて13年になります。身体は、すっきりとやせ、弱った筋肉が再びよみがえり、自信ができました。心は、チャレンジ→完成→反省を心がけ、つねに目標を創り、楽しく目標に近づけるように我慢と喜びを継続するようにしました。

また、会社での人間関係や家庭生活での金銭・仕事のバランス、思いやりと感謝の表現・伝え方の不足を改める努力をしました。

  

心も身体もガンになる前よりずっと元気

 

2003年3月、会社の健康診断で、まったく異状なし。1年2カ月で、ガンが自然退縮していたのが判明しました。

あれから十数年たった今は、体重はガンになる前の73kg⇒58kg、すこぶる快調。会社を定年退職後、若いころからの夢だった、ツアーの添乗員をしています。仕事はハードですけれど、お客様の感謝の言葉で疲れを リセツト、たまにはリセツトに時間がかかる時があります・・「ま~いいか」妻と日帰り温泉へGo~

 仕事が楽しいと思える時、家族が希望の道へと進んでいるのを見た時、幸せを感じます。

 ガンの不安と迷いを戒めてくれたのが『 意思継続 』という言葉。この自分の言葉から、夢のひとつひとつが実現してきました。

 

これから治す方たちへ

 

 人は、つねに情熱を心にいだき、それを辛抱 強く『 意思継続 』へ。そして、考えすぎないこと。「ま~いいか」と自分を追い込まないこと。

 
▲ページのTOPへ